カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

かながわの記憶
 1998(平成10)年

ベイスターズ日本一

10月26日、横浜の3勝2敗で迎えたプロ野球・日本シリーズ、横浜-西武第6戦は横浜スタジアムに場所を移して行われ、横浜が2-1で勝利、38年ぶりに日本一の座をつかんだ。

写真は11月3日に横浜市内で行われた優勝パレード。パシフィコ横浜から横浜スタジアムまで沿道を埋めた約40万人のファンや市民の声援に、オープンバスに乗った選手らは手を振って応えた。

横浜高春夏連覇

“平成の怪物”松坂大輔投手を擁する横浜高校が春の選抜、夏の選手権、秋の国体の3大会を制し、高校野球の頂点に立った。1997年秋のチーム結成以来、公式戦44勝無敗の快挙。

写真は春夏連覇をノーヒットノーランで決め、マウンドに駆け寄る小山良男主将らナイン =8月22日、甲子園

横浜国際総合競技場

3月1日

横浜市港北区に建設された横浜国際総合競技場が完成。開設記念のサッカー国際試合「ダイナスティカップ日韓戦」が行われれた。冷たい風雪にもかかわらず約6万人の観客で埋まった。

総工費約600億円。収容数7万人は国内最大規模。

かながわ・ゆめ国体

神奈川で2度目となる第53回「かながわ・ゆめ国体」秋季大会総合開会式が10月24日、横浜国際総合競技場で行われた。

大会は47都道府県から1万9494選手が参加。神奈川選手団の旗手を務めた柔道の井上康生の活躍やハンマー投げの室伏広治が当時の日本記録を更新するなど、話題の多い大会となった。

写真は県内の幼稚園児やお年寄り、大会マスコット「かなべえ」も出演した開会式のアトラクション。

首都圏最大の水がめ、宮ケ瀬湖誕生

6月10日

清川、愛川、津久井(現在の相模原市緑区)の1村2町にまたがる宮ケ瀬湖が満水となり「誕生式」が行われた。

城所章清川村長は「ダム建設で774世帯1400人が移転した。満水を迎えたことは村人にとって意義深い」とあいさつ。宮ケ瀬湖は広さ4.6平方キロメートル、総貯水量1億9300万トンで、箱根の芦ノ湖にも匹敵する。