カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります。
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

かながわの記憶
 1999(平成11)年

玄倉川水難事故

8月14日、大雨で増水した山北町・玄倉川の中州でキャンプをしていた家族ら13人が、濁流に呑み込まれ死亡した。

上流の玄倉ダムの職員が観光客に増水を警告し退避を促したが、中州で野営していたグループは警報や警告に従わず、夏休みのキャンプが暗転した。

写真は行方不明者を捜索するダイバーら =8月16日

地域振興券

2月27日

国の緊急経済対策として地域振興券交付事業が行われた。景気回復効果や使用方法などを巡って議論を呼んだ地域振興券だが、県内自治体のトップを切って横須賀市役所で交付が始まった。

市町村が実施主体で財源は全額国が補助。交付対象者は15歳以下の児童がいる世帯主。15歳以下の児童1人につき2万円。老齢福祉年金の受給者も2万円。1枚の額面は千円で物品の購入時に使用

自動車排ガスによる川崎公害訴訟和解が成立

5月20日

自動車排ガスによる大気汚染被害を受けている川崎市南部の公害認定患者と遺族ら398人が国と首都高速道路公団を相手取り、汚染物質の排出差し止めと賠償を求めていた「川崎公害訴訟」(1次~4次)の控訴審は東京高裁で和解が成立。

排ガスによる大気汚染が進行していることを明示した一審判決を、国が「警鐘」と受け止め、過去の道路政策を反省、環境基準達成に真摯に取り組むことが約束された。原告側はこれらの内容を盛り込んだことで「勝利の和解」と評価。賠償金などの請求を放棄した。

写真は和解が成立し支援者からの花束を掲げる原告ら。

よこはま動物園ズーラシア

4月24日

丘陵を利用した日本最大級の動物園、「よこはま動物園」(愛称・ズーラシア、横浜市旭区)がオープン。開園前から1700人が並んだ。

世界四大珍獣のオカピに人気が集まったが、この日はあいにくの雨で寒さのため展示できず。2015年に「アフリカのサバンナ」ゾーンが全面公開され、全施設が完成した。