カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

かながわの記憶
 2016(平成28)年

相模原障害者施設 46人殺傷

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で7月26日、入所者が次々と刃物で刺され19人が死亡、職員も含め27人が負傷した。

県警は同日、容疑の元職員の男(26)を逮捕した。男は事件前から、障害者の存在を否定する極めて独善的な考えを周囲に示していたことが判明。横浜地検は9月、約4カ月間の鑑定留置を開始した。

戦後最悪とされる大量殺人事件は、障害者施設の在り方や措置入院の手続きなどさまざまな問題も突きつけた。

写真は、事件後、犠牲者19人の「お別れ会」が開かれた津久井やまゆり園=10月16日

ベイスターズ、CS初進出

プロ野球の横浜DeNAベイスターズがレギュラーシーズン3位でクライマックスシリーズ(CS)に初進出。球界現役最年長の42歳だった「ハマの番長」三浦大輔投手の引退表明も力に連日熱戦を展開した。

ファーストステージで同2位巨人を下してファイナルステージにコマを進めたが、同1位の広島には1勝4敗と退けられた。

写真は、広島戦に勝利し初のCS進出に沸くスタンド=9月19日、横浜スタジアム

横浜の病院 点滴連続殺人

横浜市神奈川区の大口病院で9月、点滴を受けていた入院患者の男性(88)が死亡した。

点滴や遺体から界面活性剤が検出され、県警は殺人事件と断定し特別捜査本部を設置。その後、別の男性患者(88)も中毒死だったことが判明した。未使用の点滴からも注射針で開けたような穴が見つかっていた。

事件は、約1年10カ月を経た2018年7月、殺人の疑いで、同院の元看護師の逮捕という急展開を見せた。

写真は、険しい表情で取材に応じる大口病院院長ら=9月24日

日産、三菱自動車を傘下に

日産自動車は5月、燃費不正問題に揺れる三菱自動車と資本業務提携することで基本合意。秋までに議決権ベースで34%の株式を取得し筆頭株主となった。

三菱自は12月14日の臨時株主総会後の取締役会で、カルロス・ゴーン日産社長を会長とする新たな経営体制を発足させた。日産は提携をてこに海外での事業力強化を目指し、三菱自は日産傘下で経営再建を目指すことになった。

写真は、共同会見した日産のゴーン社長(左)と三菱自の益子修会長=5月12日、横浜市神奈川区

リオ五輪 県勢躍動

南米で初開催となったリオデジャネイロ五輪が8月に行われ、日本のメダル獲得数は前回ロンドン大会の38個を超えて史上最多の41個に。神奈川ゆかりのアスリートも6個のメダルを胸に帰国した。

体操男子の白井健三選手は団体総合でアテネ大会以来3大会ぶりとなる優勝に大きく貢献。種目別跳馬では新技を見事に成功させて銅メダルに輝いた。

写真は、活躍をたたえる「祝う会」で来場者にあいさつする白井選手(右から2人目)ら=12月18日、横浜市内