カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります。
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

神奈川新聞社が戦後、神奈川県内で撮影してきた写真の一部をご紹介します。

他にも多くの写真がありますので、各種メディアにご使用の際は、お問合せください。

鶴見ダイアリー

1972年
 沖縄復帰パレード

沖縄の復帰を祝い、鶴見沖縄県人会が、鶴見駅から神奈川県庁・横浜市庁へとパレードした。写真は国道1号を南進する約30台の車列。

復帰から50年の2022年、鶴見に住む沖縄出身者が主人公のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が放映される

1951年
 鶴見駅東口

区画整理前の鶴見駅東口。

手前の踏切が京急線で、奥に国鉄(現在のJR)の駅舎が見える。踏み切りに差し掛かるのは横浜市営バス

1959年
 鶴見駅東口

整備が進む国鉄(現在のJR)の鶴見駅東口。

街路樹やグリーンベルトに今も面影が残る

1952年
 本町通り商店街

1945年4月15日の空襲により焼け野原になった一帯でいち早く復興した。

奥が潮見橋方面、総持寺の丘まで見通せた。建物が高くなった現在でも、真っすぐ続くアーケードは変わらない

1952年
 花月園

花月園のボート池。

戦前は遊園地、戦後は戦災復興を支えた競輪でにぎわった

1952年
 鶴見線

鶴見川を渡り国道駅に入ってくる鶴見線。

対岸の工場地帯も今ではマンションが立ち並ぶ

1954年
 鶴見工パレード

横浜市立鶴見工業高校が高校野球県大会で優勝、鶴見区内をパレードした

写真は鶴見銀座商店街。優勝旗を掲げたエース・黒田勉選手は、その後近鉄などで活躍した

1954年
 造船所

鶴見区内の造船所。翌年元日の紙面を飾った。

輸出船の受注が急伸し「造船ブーム」に沸いていた

1955年
 潮見橋

架け替わった潮見橋で盛大な渡り初め。

両岸の鶴見銀座、本町通り商店街(奥)では祝賀セールも

1958年
 鶴見駅のラッシュ

鶴見線鶴見駅のラッシュ。

鶴見区の人口は1955年に20万人を突破、電車の窓が割れるほどの混雑だった

1959年
 戦後初の臨海部埋め立て

大黒町地先埋め立てが完工。

横浜市内戦後初の臨海工業地帯造成で、今も発電所などが立つ

1965年
 鶴見駅東口

鶴見駅東口に駅ビル完成。駅ビルは川崎、横浜に次いで神奈川県内3番目で、大丸などが入った

1985年新装して「カミン」となり、2008年建て替わって「シァル」に

1965年
 工事進む首都高速

首都高速横羽線(当時は羽横線とも)の工事が進む産業道路。現在の汐入出入口付近。急速なモータリゼーションの幕が開きつつあった。

同線は浅田-東神奈川間で1968年7月19日に開通、羽田までの全線は11月28日に開通した。

1970年
 さよならSL 鶴見を走る

国鉄高島線(貨物支線)の電化に伴い、同線で活躍したSL(蒸気機関車)・D51形791号機がさよなら運転。

東京-横浜港(よこはまみなと・現在の赤レンガ倉庫近くにあった駅)間を走り、鶴見駅を通過した。全国で引退が相次いだSLとの別れを惜しむ「SLブーム」が巻き起こっていた頃、左奥を走る京浜東北線の車窓にも、見送る人たちが鈴なり。