カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります。
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

神奈川新聞社が戦後、神奈川県内で撮影してきた写真の一部をご紹介します。

他にも多くの写真がありますので、各種メディアにご使用の際は、お問合せください。

横浜の街とスポーツ

1972年
 横浜公園球場

関東大震災の復興事業として、1929年に開場。野球やラグビー、式典などに使われたほか、1934年には、来日したベーブ・ルース、ルー・ゲーリックら全米選抜と、横浜出身の苅田久徳ら日本選抜との歴史的一戦も。戦後、連合国軍に接収され「ゲーリック球場」となった後、1952年に返還され「平和球場」の名が付けられた。横浜スタジアム建設のため、1977年解体。

この年3月末に横浜市電が廃止され、写真下、港橋(左下)や花園橋(右下)が架かるかつての派大岡川では、首都高速横羽線の建設が進む。急速なモータリゼーションにより、市心部の姿も変わりつつあった頃

1964年
 三ツ沢球技場

1955年の神奈川国体に合わせ、ラグビー場として開設。球技場前で炬火を掲げる「平沼さんの像」は1962年に建立された。スタンドなど大幅な改修を経て、1964年東京五輪ではサッカー競技が行われ、聖火リレーのコースにもなった。

その後は主にサッカーに利用され、1993年のJリーグ開幕時には、横浜マリノス、横浜フリューゲルスのホームスタジアムになった。現在は、横浜FC、Y.S.C.C.のホーム

1963年
 横浜文化体育館

開港百年祭の記念事業の一つとして、1962年に完成。周囲に高い建物は少なく、背景には山手の丘も。1964年東京五輪では、バスケットボール予選とバレーボールの競技会場となり、金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表「東洋の魔女」も活躍した。

「文体」の通称で親しまれ、横浜市民のスポーツや行事をはじめ、プロレス、コンサート、大相撲、サーカスなど幅広く利用された。2020年に閉館、跡地にはメインアリーナが2024年開館予定