カナロコ

掲載されている記事・写真は個人の閲覧に限ります。
各種媒体に利用する際は神奈川新聞社への申請が必要です。

神奈川新聞社が戦後、神奈川県内で撮影してきた写真の一部をご紹介します。

他にも多くの写真がありますので、各種メディアにご使用の際は、お問合せください。

あの頃の
横浜ステーション

1950's

横浜駅西口

1957年
 西口全景

商業地として発展しはじめた西口

写真奥左から西口駅舎、相鉄線駅舎、名品街、髙島屋ストア

1957年
 横浜駅名品街

買い物客でにぎわう横浜駅名店街

1973年相鉄ジョイナスとしてリニューアルされた

1959年
 横浜高島屋

西口に横浜高島屋がオープン。地元商店主らの進出反対運動など曲折を経て、横浜駅に初めて百貨店がやってきた

米軍の接収により復興が遅れた伊勢佐木町・関内地区をしのぐ商業地として発展する端緒となった

横浜駅東口

1952年
 東口全景

市電・バスの乗り場があり表口だった東口

右が国道1号 現在は首都高の高架に覆われている

1959年
 東口バス乗り場

横浜市営、神奈中、京急のバス、中にはボンネットバスも見える

岡沢町など市内路線のほか、堀ノ内や平塚、相模湖への長距離路線もあった

駅頭の人びと

1958年
 ローラースケート場

現在、高島屋横浜店が立つ場所にあった。

向かい側に建設中の「相鉄ビル」は、1998年、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズに建て替わった

1958年
 修学旅行

横浜駅から関西方面へと出発する中学生ら。列車が動き出すと窓から手を振って家族の見送りに答えた。

一方、家庭の経済的事情から参加できない生徒がどこの学校にも1割近くおり、級友らが納豆売りをして旅費を支援したというエピソードも

1960's

横浜駅西口

1962年
 横浜ステーシヨンビル開業

最後の仕上げが進む横浜ステーシヨンビル。右は相鉄の駅舎

82年に「シァル」としてリニューアルされたが、2011年に閉店。現在新しい駅ビルが建設されている

1962年
 ステーシヨンビル開業前日の広告

11月22日付神奈川新聞6面。キャッチフレーズは「花のステーションビル」

専門店のほかボウリング場などが入り、夏には屋上でビアガーデンも営業した

1964年
 ダイヤモンド地下街開業

神奈川県内初の地下街が西口にオープン(現在のジョイナスの一部)

地下1階に140の店舗、地下2階には360台の地下駐車場を備えた

1968年
 北幸一帯

派新田間川(左・現在は埋め立てられ新田間川緑地に)と新田間川(右)に挟まれた北幸一帯は、横浜煉炭(現在のミツウロコ)をはじめ資材置き場や工場が立ち並んでいた

1960年代、写真右上の横浜駅西口から商業地化・オフィス街化の波が押し寄せてきた頃。写真中央付近では電話局(現在のNTTコミュニケーションズ横浜西ビル)の建設が始まっている

supported by

横浜駅東口

1962年
 東口

東口駅舎は関東大震災後の1928年に完成した

現在のそごう前からルミネ方面を撮影したもの。東京駅や平塚駅行きなど長距離の路線バスも発着した

右奥では間もなく完成する西口の駅ビルが威容を見せている

1965年
 集団就職

集団就職列車で東口に降り立った九州地方からの生徒たち

この年は7000人以上が東北や九州などから神奈川県内に就職した

1970's~2000'sへ >>